役立つスキル

8月 22, 2013

子供の時に通っていた習い事で大人になってからやっておいて良かった~!と感じたものってありますか?スイミング、習字、ピアノ、新体操、剣道など色々な習い事がありますよね。子供の時の経験では、ちょっとしたことからでもたくさんのことを吸収できたりするので、習い事をすることは貴重な時間になると思います。

私は習い事をそんなにせずに、遊んでばかりの子供でしたが習字には通っていました。そこでは、ボールペン字と毛筆を練習させてもらいました。住んでいたマンションの集会所に習字の教室があったので、習字の時間は同じマンションや近所に住んでいる歳の近い子供たちと仲良くなれる場所でもありました。

ボールペン字を練習した習字での経験は、私にとって子供の間にやっていてよかった習い事になっています。今はパソコンでなんでも出来る時代になり、手書きで書類作成が必要になることなどは少なくなってきたように感じますが、手書きが必要になることってまだまだ出てきます。

契約書にサインを一筆書くだけでも、自分の名前をボールペン字でどんな風に書くかによって見栄えは全然違うものです。仕事をしているなかで、営業としてはとてもさわやかに仕事をこなす人なのに、字だけは下手な人などを見るともったいないなぁと感じることもありました。手書きの文字は人柄が出てくるものですね。

そこで、子供の間にやっておきたい習い事の1つとして、習字やベールペン字のスキルは身につけておいて損はありません。もちろん、大人になってからボールペン字を練習してもいいですよね。ちょっと矯正してもらうだけで、どこに出しても恥ずかしくない文字が書けるようになりますよ。

Tags:

Comments are closed.